広角眼底画像から網膜中心静脈閉塞症判定AUC99%達成

株式会社Ristは、国内最大規模の眼科部門である社会医療法人三栄会ツカザキ病院眼科と連携し、世界で初めて広角眼底画像を用いたAIによる網膜中心静脈閉塞症を行い、その結果AUC99%の精度を達成しました。また、その成果が眼科に関する国際学術誌Journal of Ophthalmology( 論文リンク)に掲載されました。
この研究では、人工知能技術であるDeep Learningを用いて、失明などの重篤な視覚異常の原因として知られる網膜中心静脈閉塞症と正常眼を網膜の広角画像のみから判別する取り組みを世界で初めて行い、その結果臨床上有用な高い精度を得ることに成功しました。

【広角眼底画像について】
ディープラーニングの解析の対象にした広角眼底画像(Optos Plc (本社:英国、以下「Optos」))は、現在、健診などで主に用いられている従来型非散瞳眼底カメラの4倍以上の画角を持ち、わずか2㎜の自然瞳孔下から眼底の80%のエリアを撮影可能であり、眼科遠隔診療のブレークスルー技術と認識されています。私達が進めているOptos画像へのAIアルゴリズムは、国内外の人間ドックを始めとした健診、眼科医のいない医療過疎地での遠隔診療などへの組み込みを可能とし、ひいては日本の眼科医療メディカルツーリズムの端緒となる可能性があります。

京都大学大学院医学研究科と医用画像を用いた業務自動化に関する共同研究を開始

株式会社Rist(本社:東京都目黒区、代表取締役:遠野宏季、以下Rist)は、京都大学大学院医学研究科(准教授:中村光宏)と共に、CT医用画像を用いた業務自動化に関わる共同研究を開始いたしますので、お知らせします。


共同研究の背景
CTやMRIといった医用画像は、体内の状態を可視化する手段として非常に魅力的であり、近年の撮影技術と医療機器の進歩により、短時間で大量の画像を撮影することが可能になっています。
一方で、読影対象となる画像は一人の患者につき数百枚となることもあり、医用画像を扱う医師の負担は膨らんでいます。
そこでこれらの課題を解決すべく、AIを用いた画像処理技術を用いて医師の負担を軽減するために共同研究を開始いたしました。


共同研究の概要
医用画像を扱う医師の業務の中には、医用画像を確認し疾患の発見などを行う診断業務の他に、がんに対する放射線治療業務があります。
放射線治療の工程は、CTシミュレーション・治療計画・プランチェック・治療に大別されますが、それぞれが密接に連携しているためどの工程も欠かすことができません。
今回の共同研究では、治療計画時にCT画像上で病変と周辺臓器の輪郭を入力していく膨大かつ煩雑な作業に対して、深層学習により半自動化するソフトウェアの研究開発に取り組んでいきます。


京都大学大学院医学研究科 医学物理学分野について
京都大学では,2005年から放射線腫瘍学・画像応用治療学分野におきまして,全国に先駆けて欧米型の医学物理活動が開始しました.その内容は,基盤・臨床・産学共同研究,OJT形式による臨床研修など多岐に渡ります.2008年からは工学研究科とも連携し,現在も幅広く活動しています.2017年10月から人間健康科学系専攻におきまして医学物理学分野が発足しました.今後も引き続き放射線腫瘍学・画像応用治療学分野及び工学研究科と連携しながら,研究・臨床・教育を展開していきます.
http://radiotherapy.kuhp.kyoto-u.ac.jp/medicalphysics/


中村光宏准教授について
京都大学大学院医学研究科にて,放射線治療の四次元化に関する研究に従事し博士号(医学)を取得した.その後,同大学医学部附属病院 放射線治療科にて医学物理士として臨床業務に携わると同時に,動体追尾照射の開発及び臨床導入に貢献した.2017年10月より京都大学大学院医学研究科 人間健康科学系専攻 医学物理学分野の准教授となり,後進の育成と研究を推進している.

広角眼底画像から加齢黄斑変性判定AUC99%達成

株式会社Rist、社会医療法人三栄会ツカザキ病院眼科との共同研究が、加齢黄斑変性に関する国際的な眼科学術誌に掲載されました。

株式会社Ristは、国内最大規模の眼科部門である社会医療法人三栄会ツカザキ病院眼科と連携し、世界で初めて広角眼底画像を用いたAIによる加齢黄斑変性判定を行い、その結果AUC99%の精度を達成しました。また、その成果が眼科に関する国際学術誌に掲載されました。

この研究では、人工知能技術であるDeep Learningを用いて、重篤疾患である加齢黄斑変性と正常眼を網膜の広角画像のみから判別する取り組みを世界で初めて行いました。

Ristとツカザキはこれまでに同様の研究を網膜剥離と緑内障に対して行い国際学術誌にその成果を発表していたが、今回の研究成果は改めてOptosの広角眼底画像とAIを用いることであらゆる眼底疾患を捉える可能性を示すものとなりました。

特に重篤疾患であるにも関わらず、眼底専門医による緻密な医療を必要とする加齢黄斑変性での今回の成果は、眼科医養成が行われていない後進国の眼科医療支援システム構築の基礎技術として重要であると考えられます。


[広角眼底画像について]

ディープラーニングの解析の対象にした広角眼底画像(Optos Plc (本社:英国、以下「Optos」))は、現在、健診などで主に用いられている従来型非散瞳眼底カメラの4倍以上の画角を持ち、わずか2㎜の自然瞳孔下から眼底の80%のエリアを撮影可能であり、眼科遠隔診療のブレークスルー技術と認識されています。私達が進めているOptos画像へのAIアルゴリズムは、国内外の人間ドックを始めとした健診、眼科医のいない医療過疎地での遠隔診療などへの組み込みを可能とし、ひいては日本の眼科医療メディカルツーリズムの端緒となる可能性があります。

広角眼底画像から緑内障判定AUC94%達成

株式会社Ristは、国内最大規模の眼科部門である社会医療法人三栄会ツカザキ病院眼科と連携し、世界で初めて広角眼底画像を用いたAIによる緑内障判定を行い、その結果AUC94%の精度を達成しました。また、その成果が緑内障に関する国際学術誌に掲載されました。

Deep-learning Classifier with an Ultra-wide-field Scanning Laser Ophthalmoscope Detects Glaucoma Visual Field SeverityHiroki, Masumoto, MD*; Tabuchi, Hitoshi, MD, PhD*; Nakakura, Shunsuke, MD, PhD*; Naofumi, Ishitobi, CO*; Miki, Masayuki*; Hiroki, Enno†

株式会社Ristは、国内最大規模の眼科部門である社会医療法人三栄会ツカザキ病院眼科と連携し、世界で初めて広角眼底画像を用いたAIによる緑内障判定を行い、その結果AUC94%の精度を達成しました。また、その成果が緑内障に関する国際学術誌に掲載されました。

この研究では、人工知能技術であるDeep Learningを用いて、重篤疾患であるにも関わらず診断が難しい緑内障と正常眼を網膜の広角画像のみから判別する取り組みを世界で初めて行い、その結果臨床上有用な高い精度を得ることに成功しました。


【広角眼底画像について】

ディープラーニングの解析の対象にした広角眼底画像(Optos Plc (本社:英国、以下「Optos」))は、現在、健診などで主に用いられている従来型非散瞳眼底カメラの4倍以上の画角を持ち、わずか2㎜の自然瞳孔下から眼底の80%のエリアを撮影可能であり、眼科遠隔診療のブレークスルー技術と認識されています。私達が進めているOptos画像へのAIアルゴリズムは、国内外の人間ドックを始めとした健診、眼科医のいない医療過疎地での遠隔診療などへの組み込みを可能とし、ひいては日本の眼科医療メディカルツーリズムの端緒となる可能性があります。

広角眼底画像から、失明に直結する網膜剥離眼判定AUC98%達成

株式会社Ristは、国内最大規模の眼科部門である社会医療法人三栄会ツカザキ病院眼科と提携し、広角眼底画像を用いたAIによる網膜剥離判定でAUC98%の精度を達成、その成果が英国学術誌に掲載されました。
株式会社Rist(以下、Rist)は、国内最大規模の眼科部門である社会医療法人三栄会ツカザキ病院眼科(以下、ツカザキ病院眼科)と提携し、広角眼底画像を用いたAIによる網膜剥離判定でAUC98%の精度を達成、その成果が英国学術誌(https://www.nature.com/articles/s41598-017-09891-x)に掲載されました。

この研究では、人工知能技術であるディープラーニングを用いて、失明に直結する疾患である網膜剥離眼と正常眼を網膜の広角画像のみから判別する取り組みを行い、臨床上有用な高い精度を得ることに成功しました。診断見落としを防ぐ二重チェックシステムへの応用や、眼科医療過疎地に対する遠隔診療への応用、健診による早期発見への応用などにより、一人でも多くの医師・患者さんに役に立てたいと考えています。

ディープラーニングの解析の対象にした広角眼底画像(Optos Plc (本社:英国、以下「Optos」))は、現在、健診などで主に用いられている従来型非散瞳眼底カメラの4倍以上の画角を持ち、わずか2㎜の自然瞳孔下から眼底の80%のエリアを撮影可能であり、眼科遠隔診療のブレークスルー技術と認識されています。私達が進めているOptos画像へのAIアルゴリズムは、国内外の人間ドックを始めとした健診、眼科医のいない医療過疎地での遠隔診療などへの組み込みを可能とし、ひいては日本の眼科医療メディカルツーリズムの端緒となる可能性があります。

今回の共同論文をProof Of Conceptとして、株式会社Ristとツカザキ病院眼科は引き続き複数の眼底疾患での展開を推し進め、連携していきます。