Deep Learningを用いた3Dデータ解析ソリューション『Deep Mesh』を提供開始

Deep Learningを用いた3Dデータ解析ソリューション『Deep Mesh』を提供開始

株式会社Rist(東京都中央区 代表取締役社長 遠野宏季、以下Rist)は、人工知能技術であるDeep Learningを用いた3Dデータ解析ソリューソン「Deep Mesh」の提供を開始しました。
従来技術では柔軟な解析が困難であったCADデータや点群データなどに対して、人が行っていた作業結果をDeep Learningを用いて学習させることで、人の認識と同様の柔軟な形での分類、評価、領域分割といった解析の自動化を行います。
サービスURL: https://www.deep-mesh.net/

製造業を始めとした多くの産業において、ノウハウを持つ世代の退職など少子高齢化による慢性的な人手不足が深刻な社会問題となってきています。
こうした状況を受け、弊社では最新の人工知能技術の一つであるDeep Learningを用いた3Dデータの分類・評価・領域分割といった解析と認識の自動化ソリューション「Deep Mesh」の提供を開始しました。
これは従来技術では柔軟で主観的な評価が困難であった3Dデータの認識などの業務を、大量のデータを元にして学習したAIシステムにより処理を行うシステムです。
「Deep Mesh」を用いて熟練者のノウハウをAIシステムに蓄積・組織内で共有することにより、3Dデータを用いた屋外環境の評価や物体の異常検知などの生産性及び品質の向上が見込めます。