Kaggleコンペティション「Human Protein Atlas – Single Cell Classification」でGrandmaster小野寺とMaster井ノ上の参加するチームが金メダル獲得

2021年1月26日から5月11日にかけて行われたKaggleコンペティション『Human Protein Atlas – Single Cell Classification』にて、Rist所属のKaggle Grandmaster小野寺 和樹と、Kaggle Masterの井ノ上 雄一が参加するチームが金メダルを獲得いたしました。

本コンペティションは、複数の細胞が写った染色画像から、個々の細胞において標的タンパク質がどこに局在するかを予測します。訓練データのラベルが画像ごとにしかなく、弱教師ありマルチクラス分類という、これまでにないタイプのコンペティションでした。

結果はこちらからご確認いただけます。

小野寺コメント
今回のHPAでは約2TBのデータを扱わなければならず、環境面で苦労しましたが、井ノ上と協力して10位を獲得することが出来ました。準優勝は逃しましたが、非常に勉強になった面が多いので満足しています。これからもここで得た経験を活かしてKaggleに取り組んでいきたいと思います。

井ノ上コメント
これまでにない課題のコンペでしたが、小野寺さんに引っ張ってもらいながら、なんとか金メダルを取ることができてとても嬉しいです。難しい作業をハイスピード、ハイクオリティで次々にこなしていく小野寺さんの凄さに終始圧倒されていましたが、この貴重な経験を糧に今後もKaggleに挑戦していきたいと思います。

Ristでは今後もKaggleチームを中心に様々なコンペに積極的に参加し、技術向上を図り、お客様の課題解決に貢献していきます。

* 当サイトに記載する会社名、ロゴ、システム名、商品名、ブランド名などは、各社の商号、登録商標、または商標です