Rist Kaggle Team

数々のコンペティションで優秀な成績を収める、世界トップクラスのKagglerたち。
彼らが多数在籍するRistでは、その実績に応じて、業務時間を利用したKaggleへの参加を認める制度を設けています。Kaggleで実施されるコンペティションで培われる経験が、データ分析チーム全体、ひいてはRistのさらなる技術向上に繋がるからです。
すべては、お客様の課題をより深く理解し、よりきめ細やかに向き合うために。

MEMBERS

  • 小野寺 和樹

    Kaggle Grandmaster

    Ristデータ分析チーム顧問小野寺 和樹

    大学卒業後、銀行系基幹システム開発に従事。その後、金融コンサルとして金融機関の審査モデル構築に携わりつつ、2015年にACM/KDD 主催のデータマイニングコンテスト KDD Cup 2015 にて準優勝。2017年、KaggleのInstacart Market Basket Analysisにて準優勝。現在はNVIDIAにて、Senior Deep Learning Data ScientistとしてRAPIDSの開発を行っている。
    Ristでは、実務的なアドバイザーとしてKaggleチームのさらなる技術力アップに貢献している。

  • 三舩 哲史

    Kaggle Master

    三舩 哲史

    2020年2月Rist入社。前職ではシステム開発に従事する傍ら、様々なデータ分析コンペティションに出場。2019年にSIGNATEコンペティション「飯田産業 土地の販売価格の推定」で準優勝。またデータ解析・アルゴリズムソリューション・システム開発を行うatma株式会社が主催するCA×atmaCupにて優勝。現在はデータ分析サービスDeep Analyticsにて予測モデルの開発などを行っている。

  • 蛸井 宏和

    Kaggle Master

    蛸井 宏和

    2020年3月Rist入社。これまでに金融業、通販業、製造業など幅広い業種でのデータ分析を経験。業務以外に国内外の様々なデータ分析コンペティションに精力的に参加し、2020年6月にはatma株式会社が主催するデータコンペティションatmaCup#5で優勝。現在はデータ分析サービスDeep Analyticsにて予測モデルの開発などを行っている。

  • Chen Jian

    Kaggle Master

    Chen Jian

    2020年4月Rist入社。これまでに様々なデータ分析コンペティションに出場し、経験を積む。2019年、SIGNATEコンペティション「日本たばこ産業 たばこ商品の画像検出」優勝、2020年3月には「第2回AIエッジコンテスト」で優勝。現在は製造業を中心とした画像系AIシステムの研究・開発に携わっている。

  • 藤本 裕介

    Kaggle Master

    藤本 裕介

    2020年5月Rist入社。大学院卒業後は金融系システム開発業務に従事。その後個人情報匿名化の研究補助やDBパフォーマンス・チューニングに従事し、前職では医療画像を対象としたAIの研究・開発を担当した。現在は製造業を中心とした画像系AIシステムの研究・開発に携わっている。


チームにはその他数名のKaggle Expertも在籍しており、日々業務とコンペティションへのチャレンジ、ワークショップなどを通し技術向上に励んでいます。

Achievement

  • Total 51
  • Gold 13
  • Silver 27
  • Bronze 11

* メダルはKaggleのみで、Rist Kaggle Team所属の各人が所有するメダル数の合計です。

  • 2020.8

    SIIM-ISIC Melanoma ClassificationにてKaggle Masterの蛸井宏和が銅メダル獲得

  • 2020.7

    Prostate cANcer graDe Assessment (PANDA) ChallengeにてKaggle Masterの藤本裕介が参加するチームが1,028チーム中1位

  • 2020.7

    ALASKA2 Image SteganalysisにてKaggle MasterのChen Jianが銀メダル獲得

  • 2020.6

    「TReNDS Neuroimaging」にてKaggle Grandmaster小野寺 和樹が準優勝
    Kaggle Master蛸井、Kaggle Master三舩、インターン生のKaggle Expert井ノ上を含むチームが5位で金メダル獲得

  • 2020.6

    #5 atmaCupにてKaggle Masterの蛸井宏和が優勝

  • 2020.6

    M5 Forecasting – AccuracyにてKaggle Master蛸井宏和が銀メダル獲得

  • 2020.6

    Jigsaw Multilingual Toxic Comment ClassificationにてKaggle Expert馬越雅人が銅メダル獲得

  • 2020.6

    Tweet Sentiment ExtractionにてKaggle Expert馬越雅人が銀メダル獲得

  • 2020.5

    University of Liverpool – Ion SwitchingにてKaggle Master蛸井宏和が銀メダル獲得

  • 2019.12

    ASHRAE – Great Energy Predictor IIIにてKaggle Expert井ノ上雄一が銅メダル獲得

  • 2019.11

    Student Cup 2019: 賃貸物件の家賃予測にてKaggle Expert井ノ上雄一が アイディア賞を獲得

  • 2019.10

    武田薬品工業 × SIGNATEにてKaggle Expert井ノ上雄一が金メダル獲得

  • 2019.9

    Recursion Cellular Image ClassificationにてKaggle Expert井ノ上雄一が銅メダル獲得

  • 2019.9

    APTOS 2019 Blindness DetectionにてKaggle Expert井ノ上雄一が銀メダル獲得

  • 2019.8

    Generative Dog Imagesにて Kaggle Expert井ノ上雄一が 銅メダル獲得

Rist Kaggleチーム制度について

Rist Kaggleチーム制度は、各々のKaggleランクにより算出される時間を上限として、Rist業務時間を利用したKaggleへの参加を認める制度です。


Kaggleチーム社内ランク

kaggle ranking graph

活動内容

社内定期ワークショップとして、過去に開催されたコンペティションに取り組み、学習・解法の共有を行っています。
通常業務だけではなく、日常的にデータ分析コンペティションに参加することで、様々な業種の知見をストックしています。コンペティションに参加する際は、想像力を働かせながら情熱的に取り組んでいます。

Kaggle参加時間の算出方法

Kaggleチーム社内ランクで設定されている割合を元に、月ごとのKaggle参加時間を算出します。

Rist稼働日/月定時間(8.0h/日)
Kaggleランクに応じた業務割合

例:1ヶ月間のRist稼働日数が20日の場合