Deep Inspection Liquid

目視で行ってきた水質検査を、AIで自動化Deep Inspection Liquid

人間が目視で行ってきた水質検査を、AIが監視。
カメラを通して浮遊物・泡・波の状態のリアルタイム監視を実現します。

Deep Inspection Liquidの特徴

AIによる24時間の監視システム

水処理施設では、水面に浮かぶゴミや泡の大きさ、波の動きなどを定期的に見て水質を監視する必要があります。
Deep Inspection Liquidでは、水処理現場の状況を学習し、最適な監視体制を提供します。

現場環境に応じて
柔軟な監視システムを構築

現場環境によるさまざまな状況・課題に対し、柔軟にご相談をお受けします。
設置後はカメラが水処理現場を24時間リアルタイムで監視を行いますので、コスト削減と不安定な運用からの脱却が可能です。

判断の属人化の防止

水という文字通り摑みどころのない対象のため、人によって評価にばらつきが見られてしまうこともあります。製造業・医療分野など様々な分野での開発実績を元にお客様の現場に合わせた最適なチューニングを行い、課題を解決します。

私たちは、目視で行ってきた水質検査業務の自動化を目指しています。
お気軽にお問い合わせください。

Flow導入の流れ

  1. 01調査・分析

    お客様の水処理施設に合わせた監視環境・導入方法を立案いたします。
    メール・テレビ電話・⾯談等でのご相談を通じて、ご要望や大まかな現場の状況から実現の可能性を検討いたします。まずはお気軽にお問い合わせください。

  2. 02システム設計

    お客様の現場に合わせてデータ収集を行い、最適なAI学習アルゴリズムを考案。プロトタイプ開発を経て本開発・納品いたします。必要に応じてハードウェアを始めとした各分野の企業との協業を行い、特殊な検査にも対応できるハードウェアの設計・開発も行います。

  3. 03効果測定・検証

    構築した監視システムを実際に動かしながら効果測定・検証を行い、AIプログラムがフルにパフォーマンスを発揮出来るようチューニングを行います。

  4. 04システムの運用開始

    お客様の水処理施設で監視システムの運用を開始します。導入後はご希望があれば、AI追加学習などサポートもいたします。
    より高度な検査へのご相談、開発も行っています。