世界最高クラスのエンジニアのノウハウを誰でも再現!
外観検査AI開発を飛躍的に効率化するツール

Deep Inspection PRODUCT

Deep Inspection PRODUCT™は世界最高クラスのエンジニアのノウハウを誰でも再現できる外観検査AI開発を飛躍的に効率化するツールです。

画像AI開発において、
このような課題はありませんか?

  • AIの開発だけでなく、検査ラインへの組み込みも簡単にしたい

    AI開発も難しいが、AIモデルを実際に運用する検査ラインへ組み込む開発についても工期を短縮したい。

  • 専門的な知識やコマンドを用いないとAIモデルを開発できない

    高度なプログラミング知識やAIスキルが不足しているため、AI開発がなかなか進まない。

  • AIモデルの精度がなかなか上がらない

    AIエンジニアの習熟度が不足しており、精度の出し方がわからない、適切なモデル選定ができないなどの課題から、精度の高いAIモデルの構築ができない。

Deep Inspection PRODUCTはルールベースの画像処理では判定ができなかった外観検査業務の自動化実現や精度向上を支援します。

Features特長

AIモデル構築から運用までALL-IN-ONE

アノテーションからAIの学習や推論まで、外観検査AI開発に必要な機能をALL-IN-ONEで搭載しています。カメラ・PLC連携などの検査フローも簡単に構築できます。

直感的なGUIで、AI開発を効率化

GUI操作で簡単にAI開発できるので、高度なプログラミングや熟練のAIスキルは不要です。また、お客様自身でAIの学習・AIの改善のプロセスを回せます。

高精度なAIモデルを構築可能

世界最高クラスのエンジニアのノウハウを詰め込んだ多彩なAIアルゴリズムを搭載しているので、高精度なAIモデルを効率的に開発できます。

Advantages選ばれる理由

他社では「難しい、無理だ」と言われた外観検査AIの難題を解決してきたRistのスキル・ノウハウは高い評価をいただいております。

Ristが誇る世界最高クラスのエンジニアのノウハウを簡単に再現できる

Rist独自のアルゴリズム(マルチイメージ、比較検査)に加え、Deep Metric LearningやKaggle® Masterチューニングの機能を搭載しているので、従来の1/10の工期で高精度なモデルを構築できます。

世界最高クラスのエンジニアによる精度改善サポート

Ristが誇る世界最高クラス(Kaggle Master以上)のエンジニアによるサポートをご用意しているので、精度改善の相談を通じて高精度なモデル開発を実現できます。

ご要望に合わせたカスタマイズが可能

エッジデバイスとのAPI連携をはじめ、お客様のご要望にあわせたカスタマイズ対応が可能です。
お気軽にご相談ください。

機能や検出事例がわかる
資料はこちら

お問合せ

機能紹介

FAカメラ、PLCなどとの外部機器連携

製造ラインに組み込む際に、撮影のトリガをPLCから入れたり、AI推論結果をPLCに出力することができます。

統一された操作を実現するGUI

統一された操作方法のGUIが備わっているので、プログラミングやAIの知識がなくても、フロー図の組み合わせやボタンのクリックで簡単にAI開発ができます。短期間で使いこなせます。

最先端かつ豊富なAIアルゴリズム

外観検査で重宝される豊富なアルゴリズムを搭載しています。アルゴリズムを自由に組み合わせることで、AIモデルの精度追求と高い独自性を両立できます。

マルチイメージ機能

複数の条件(マルチスペクトルや時系列など)で撮影した複数の画像を多次元の”1つの画像”として学習・推論できるRist独自のアルゴリズムです。

比較検査

検査対象の製品を、正常品サンプルと見比べながら検査を行うRist独自のアルゴリズムです。

Deep Metric Learning(分類機能)

実運用上必要な粒度(例:良品/不良品)での学習を行うと同時に、より細かい分類も同時に学習させる事によって、複数の問題を同時に予測できます。

Use Case導入事例

不良品/擬似不良の区別をつけたい

「キズ」と「ホコリ(疑似不良=良品)」を画像処理では見分けられないので、AIで見分けたい。
分類モデル:SwinTransformer
高い精度を誇るPresetConfigを使用して、傷と良品(擬似不良含む)を分類

Pixel単位で不良を検知したい

不良Aと不良Bは検査基準が違うので、Pixel単位で検知、分類できなければ厳しい方に振らないといけない。
領域検査:Semantic Segmentation(PsPNet v2)
画像内の物体や領域をピクセル単位で特定し、高い精度を達成

ルールベースではできない、人の感覚に近い基準で見分けたい

真珠のグレードのような官能検査を行いたい。
良品学習モデル:Patchcore
正常データを学習し、異常スコアを計算。閾値を超える異常を検出し、可視化により検知箇所の解釈が可能

Frequently Asked Questionsよくある質問

  • 動作環境を教えてください

    【必須PC スペック】
    OS:Windows11 CPU:Intel Core i7 GPU:NVIDIA RTX A2000 メモリ:16GB RAM ディスク空き容量:200GB

    【推奨PC スペック】
    OS:Windows10 CPU:Intel Core i9 GPU:NVIDIA RTX A2000 もしくは A4000 メモリ:64GB RAM ディスク空き容量:2TB

  • カメラやGPUマシンなどのハードウエアの選定、データ収集、アノテーション、サーバーの手配などを相談することはできますか?

    別途お見積りとなりますが、ご相談可能です。まずはお気軽にご相談ください。

  • 提供形態が買い切り型の場合でも、バージョンのアップデートは可能ですか?

    別途お見積りとなりますが、ご相談可能です。まずはお気軽にご相談ください。

  • ライセンスの価格を教えてください。

    お問合せフォームからご連絡ください。

  • Deep Inspection PRODUCTをRist社内でAIモデルの作成に使われていますか?

    はい、Ristのエンジニアも外観検査のAIモデル作成に使用しています。

  • 画像の著作権問題に不安を感じるのですが?

    (株)アマナイメージズが取り扱う著作権・肖像権などの権利確認処理済の画像データ100万枚を使用したRist独自のベースモデル(大規模事前学習済モデル)なので、著作権問題の不安を解消します。

Document Request資料請求または無料相談

Deep Inspection PRODUCTについて詳しく
紹介した資料です。

無償トライアルや技術検証受付中

資料でわかること
  • サービス概要
  • 特長
  • 選ばれる理由
  • 導入事例
  • 機能紹介
  • ユースケース
  • 料金体系
  • 導入までのフロー
  • よくある質問

「Deep Inspection PRODUCT」「Deep Inspection PRODUCT(ロゴ)」は株式会社Ristにて商標登録出願中です。

Our Services